ブス専門風俗店に行ってみた

私服にやる気が出ていたんでしょうね

先日ホテルにやってきたAちゃん。Fというデリヘル店に在籍している風俗嬢ですが、私服を見た時点で大当たりだなと思いました。彼女、私服なのに谷間は前回だしスカートは短いし。私服なのか、それともお店がそういったことを指定しているのかよく分かりません(笑)でも、その私服を見て興奮したのも事実です。三か月ぶりの風俗だったので、こっちも免疫が低下していたのもありますかね。だから彼女の存在そのものが本当に刺激的でしたし、まだプレイが始まっていない段階なのに、彼女の私服を見ているだけで徐々に出来上がっていく自分がいることに気付きました(笑)私服ってそれだけでも結構破壊力を生み出すものなんだなってことに気付かされましたし、その興奮のおかげでその後のプレイは相当白熱したものになりました。改めて、彼女のようなタイプの風俗嬢との時間はとても貴重なものになったし、やっぱり私服を見ると相手のキャラクターもある程度は見えるものだなと。

初心忘るべからず、です

風俗もまた、初心忘るべからずというか初心を忘れてはならないなって。それは風俗嬢だけの話ではありません。自分もです。お客としても初心を忘れてはならないなって思っているんですよ。慣れてくると新鮮じゃなくなってくる部分があるのは致し方ないと思うんですけど、慣れに対して自分が許容しているというか、そこから新しいものを求めようって気持ちになりにくい部分もあると思うんですよね。本来であればそうじゃなくて自分からいろんな刺激を求めて楽しむべきものだと思うんですけど、慣れてしまって、さらにはとっても楽しいので新しい刺激を求めようとしなくなるのは男の本能に反しているんじゃないのかなと思うので、慣れることなく、もっともっとアグレッシブに攻めていきたいなと。安定感よりも刺激を求めてもっともっといろんな形で楽しむのがいいなってことで、風俗は常に初心を忘れずに、初々しい好奇心を持ってどん欲に遊んでいたいなって思います。