ブス専門風俗店に行ってみた

ギリギリの選択肢だからこそなんです

風俗では常にギリギリの選択肢です。というのも、仕事がら風俗で遊ぶ時って受付終了間際なんですよ。その時点で既に自分にはほとんど選択肢がない状況なんですよね(笑)でも、「残り物には福がある」という言葉を信じて、最後に残っている風俗嬢と遊ぶことも多いんですけど、それはそれで楽しいんですよ(笑)だってこっちとしては遊べるだけでも嬉しいですし、相手からすればそのままお給料なしになるところがお客が入ったのでダメ押しで稼げるとか。これはギリギリの時間で遊んだ風俗嬢の受け売りではあるんですけど、そんなことを思ったら、ギリギリというのも実は悪いものではないんじゃないのかなって思ったんですよ。むしろそれによって、自分にいろいろなメリットもあるのでギリギリという選択肢もそれはそれで個人的には悪いものではないと思うようになった自分がいるんですよね(笑)考え方は人それぞれだとは思いますけど、「ギリギリ」がテーマです。

微乳には冷静さを保てない

微乳のKちゃん。彼女は微乳であり、なおかつとても大人しい雰囲気の風俗嬢だったのでかなり好みだなと。それに、自分自身、目の前の敏感な微乳を前に冷静さを保つのは難しかったですよ(笑)言い知れぬ興奮とでも言うのか、自分でもこれまでの風俗では考えられないというか、味わったことがないくらいのレベルで興奮してしまいましたね。別に微乳に興奮したという訳じゃなくて彼女の雰囲気そのものですね。とっても綺麗な美人系なんです。でもどこか大人しくて。こういったタイプの女性はそれなりに胸もあるものなんですけど、彼女は正真正銘の微乳。そのキャラクターにこちらのイマジネーションがかなり刺激されたんですよね。微乳を攻めているとちょっとした罪悪感と言うか、攻めても良いのかなって気持ちになっていったんです。でも、それはそれで興奮させられるものじゃないですか。だからこそ、自分なりにとにかく楽しめたんじゃないのかなって気持ちはありますね。