ブス専門風俗店に行ってみた

抑える必要はないんですよ、風俗は

自分の気持ちと言うのは、これだけデリケートな現代社会では抑えなければならないシチュエーションの方が多いんじゃないかなと思うんですよ。だって少し何かを言えば炎上騒動。女性の後輩に何かを言えばセクハラだとかパワハラだと騒がれる始末。自分というものを抑えなければならないのは言うまでもありません。それだけに、自分の気持ちを抑える必要がない場所はとても貴重です。風俗もその一つなんじゃないですかね。風俗で思う存分自分の気持ちを解放することは、とても重要なことなんじゃないのかなって思いますし、自分を解放できる場所がないと、結局は何もかも溜まって行って、次第に爆発寸前になってしまうことだってあるんじゃないのかなって思いますね。適度にガス抜きすることも大切だと思うんですけど、そのためにはやっぱり風俗に頼るのは、決しておかしなことではないんじゃないのかなって思っていますし、むしろそれが何より重要かなって気持ちもありますね。

実際、とっても楽しめるから好きです

あれこれ考えても仕方ないというか、実際には風俗はとっても楽しいものじゃないですか。理屈抜きにいろいろな世界があるんです。それが何よりも面白いからこそ、風俗で遊ぶ時にはいつも自分の気持ちを真っ新にして、変な固定観念を持たないようにしています。特に相手の風俗嬢に対してはホームページで相手の存在は見かけるとしても、必要以上に情報収集をしないようにしているんです。外見だけは見ますけど、ブログとか公式プロフィールを見てしまうと、どうしてもその情報が頭に入ってしまうじゃないですか。頭に入ってしまうと先入観というか、固定されたイメージが相手に対してついてしまって、本来の魅力そのものを楽しむことが出来なくなってしまうんじゃないのかなって言う危機感のようなものがあるんですよ。女の子だって人それぞれじゃないですか。いろいろな気持ちを持っていると思いますし、プロフがすべてではないとも思うんですよね。だからこそ、フラットにです。