ブス専門風俗店に行ってみた

スタイルが良い訳じゃなくてもいいんです

そこまでスタイルに関してはこだわりはありません。なぜなら、風俗で求めているのは相手がどんな反応をしてくれるのかなので、別に黙って相手のスタイルを見ていることじゃないんです。まぁ良いに越したことはありませんけど、スタイルよりも感度の良い風俗嬢の方が好きなんですよね。こちらが攻めるとすぐに反応してくれたり、腹筋に力が入っているなとか、相手の反応が分かるとこっちも調子に乗るじゃないですか(笑)つまりはそれだけ楽しめているってことだと思いますので、感度というか相手がどんな反応を見せてくれるのか。これがいわば風俗の醍醐味だと言っても決して過言ではないんじゃないのかなって思いますけどね。むしろそこでどれだけ楽しむのかこそ、何よりも重要なことでもあるんじゃないのかなって気持ちになるんですよ。風俗ではどうしてもその部分が結構重要というか、これは自分の性癖の部分だとは思いますけど、相手の反応がこちらの興奮に繋がるんです。

理念は分かるんですけど、気持ちです

風俗に対して何らかの理念を持っている人の気持ちは分からないではないんです。理念を持っているということは、風俗をもっともっと楽しみたいって気持ちがあったり、あるいは「こういったスタイルで楽しみたい」といった理想を持っているからこそ、それが高じて理念と言う形になっているであろうことは分かるんですよ。でも理念に固執しすぎるのはどうなのかなとは思います。理念を持つことは否定しませんけど、自分で決めたり年に自分が縛られているようでは意味がないんじゃないのかなって(笑)それに風俗はあくまでもサービスなんです。別に必ず一度口にしたことを守らなければならないようなものではないんです。つまりは自分の好きなように遊ぶだけでもいいんじゃないですかね(笑)理念を持つのも自由ですけど、理念は理念として現実の風俗嬢と思う存分楽しむ。そんなスタンスでも何ら問題なく楽しめるのが風俗の良さ何じゃないのかなって思いますしね。