ブス専門風俗店に行ってみた

奉仕されたいからかそです

奉仕されるのが好きなんです。だから風俗では性感マッサージなどこちらをしっかりと攻めてくれるものが好きなんですよね。攻めたい気持ちはほとんどありません。多少胸を揉みたいくらいですけど、それは攻めるというよりもむしろコミュニケーションくらいなものじゃないですか。そうじゃないんですよ。もっとガンガン攻めてもらって、こちらの頭の中が真っ白になるかのような気持にさせてもらいたいんですよね。だからこそ性感マッサージがいいんです。もちろん性感マッサージじゃなくてもテクニシャンだなって思う風俗嬢はいると思いますけど、性感マッサージだと攻めてもらうのが当たり前のものなので面倒がありませんよね。お店まで行って「とことん攻めてもらいたいタイプなので」とか説明するのも気恥しいですし、どこをどう攻めてもらいたいのかを相手に伝えるのも何となく恥ずかしいじゃないですか(笑)それよりは普通に考えたらやっぱり性感マッサージですよね。

反動なのかもしれない風俗遊び

もはや反動なんでしょうね。それまで風俗で遊んだことがなかった男がその良さを知ってしまったんです。もっともっとという気持ちになってしまうのも無理はありません。自分の話なので誰かの文句を言っているとかではないですよ(笑)それまで真面目で通っているとかではなく、遊ぶきっかけがなかったんです。だからずっと風俗の世界は無縁だったんですけど、先日ようやく風俗デビューしたんですよ。それは単純に先輩に連れて行ってもらったって話なんですけど、そこで自分なりにいろんな時間を楽しめました。だからか、そこでたがが外れたというか、それまでずっと風俗道程を守っていたんですけど失ってしまったら守価値がないというか、もっともっと遊ぼうって気持ちになっていって、気付けば自分でも抑えきれないくらいかなり風俗で遊んでいるんです。でも、楽しいんだし問題ないんじゃないかなって思っています。むしろこれだけの時間を過ごせるのなんて風俗だけです。